鼓舞の言葉を披露しない

▼▼駄目だー、頑張ろうー、という鼓舞の言葉を、いくら声高に叫んでみても――書いてみても、じぶんの心や感情はともかく(心や感情は多少動くらしい)、行動はうまく頑張りには向かわないようだなー、素直には自然には向かってくれないねー、というような理解が、まあやっぱりあるかなあ。だからあんまり言わない、というのが、ある。
▼▼というのと、見栄を張るために必死な姿を隠す(ために、あんまり言わない)、もしくは、そもそも頑張らないで必死な姿を無くす、および、口先だけになってしまうようなダレダレ事態に備えて最初から言わないでおく(というために、あんまり言わない)、というのが、頭の中で混ざっちゃうのが、非常に難点だ、とか考えていた。