稀少感覚

▼▼問題が重なって起こって、突然忙しくなり、しょうがなし、と、諦念を交えながら決意してみた結果、とにかく優先順位を決めましょうかー、っていう頭の流れになった。じぶんが最も欲しいと思っているものは何か、じぶんが絶対だとか必要だとか思っているものは何か、最も無くしたら困るであろうものは何か、欲するものや要るものを最も効率的に獲得するにはどうすればよいか、可能な限り効率的に得ようとした時にどのくらいのものを得ることができるのか、得られたものや量にもしも満足できないのであれば如何にして満足感を底上げできるだろうか、などについて検討した。
▼▼のだけど、結局、なんとなく打開できそうな状況も見えてきてしまい、真面目に素早くいろいろ考えていた時の緊張感が消失しつつもあって、うーん、もう少し、なんというか、持続させられていたほうがよかったんじゃないかなー、っていう気持ちも出てきたりしている。追い詰められて出てきていた真摯さと真剣さがほどけてしまった。
▼▼というような流れをこうして書き残しておけば、また、思い出すことができて、同じようなものが得られるんじゃないか、取り戻せるんじゃないか、っていうような楽観は、まあ別にないのだけど、とはいえ、珍しい緊張と緩和の流れだったので、書き残しておこうか、っていう気分にはなった。稀少感覚だった。
▼▼とかなんとか書いていると、もう解決できてます、みたいな雰囲気になるけれど、現状、解決できてはいない。おおまかな算段が立ったくらいだ。算段が崩壊する可能性もまあまあある。また「やっぱりヤバイよ」ってなっている可能性はある。ヤバイと思った緊張感からの真摯さと真剣さが改めて湧いてきていることもあるかと思える。というの、どうなん、って思いながら、いちおう書き残しておくことにした。このままうまく安心と安定が来てくれるとよい。