嫌いばっかり再検証

▼▼嫌いだ、嫌だ、と瞬間的に思ったものであっても、再検証することによって、誤解が解け、改めて好きになれたりする。再検証で勘違いや筋違いが見えてきたりする。
▼▼といった「再検証による印象変更」を、嫌いなものばっかりに向けて実行する癖をつけることで──使用を「嫌いなものと出会った時」限定のように偏らせることで、結果として、好きなものを、相対的に多くできる、増やせる、というズルめの技法は、まあまあやっているかな、と思った。


▼▼好き嫌いではなく、良し悪しについては、同じ比率で実行するというか、わりと行き来させるというか、区別しない趣味もいちおうあって、ここを偏らせていないでいられているからこそ、うまくやれていたりもしそう、とも思った。▼▼良し悪しの「悪し」ばっかり再検証するような調整だと──良し悪しの「良し」は素直に受け容れちゃう運用だと、破綻しそう(破滅しそう)な気はする。