記憶の探りかたが下手になってた

▼▼記憶が蘇りにくい時に、別視点からの問いかけ──異なる切り口やストーリー──違う触媒、を、脳内に向けることによって、違う発想が出てくるというか出てきづらい記憶が出てきてくれることが多くて、思い出し機能の効果的な使いかたってこれだ、って気がしてるのだけど、最近この習性のこと忘れちゃってたな、って思った。最近少し記憶機能に翳り見えない?って気がしてたけど、おそらくこのせいだ、って思ったのだった。記憶に難があるというよりは記憶を呼び出すやりかたが下手になってた。
▼▼記憶を辿る時に複数ルートから攻めるとよい──思い出せるための切っ掛けは狙う記憶のまわりに沢山潜んでると仮定して探しまくれ、っていう処理を素早く行なうことで記憶性能が高いように見せつけられるしねえ……、的な認識の密度が妙に薄くなってた。
▼▼と記述してまた習慣化しようという狙いだ。ほんとに性能落ちてるのかもなー、という可能性も踏まえてるけど、いずれにせよ補強しなきゃいけないなら同じことだし……。