昨日とまったく同じ

▼▼昨日とまったく同じことを書くけれど、日記なんかの話題として採り上げることが可能な題材なんて、世界や人生や日々にはいくらでもあって、たとえ同じ題材を取り上げていたとしても、語り口や切り口もまた様々なのだ、というような、世界の無数さ、物事の膨大さ、には──、うーん、なんというかつまり、この世に「同じ話」なんてものが存在しうるんだろうか? という雰囲気、には、時々ビビる。ビビっている。一回進み始めたらもう同じところには戻れない──いったん触れたとしても二度と同じものには触れられない──少し目を離したら同じところには永遠に目を向けられない、というような予感や妄想を(勝手に)覚えて、怖がってしまう、といった空気があるのだった。こんなに無数かつ膨大なものに囲まれていたら、あなたとぼくが同じところを見ている可能性は限りなく低い……よな……、という哀しみや寂しさや空しさ、と言えるような話かな。▼▼昨日とまったく同じことを書いてもよいじゃん、とは思った。ので書いた(なんだかんだで少し違う側面が混じってきたので、それもよかった)(ほら結局切り口が少し変わってしまう……)。