気になっていることを言語化しようとし、その変換プロセスで、若干変質したもの、の、ライフログ

▼▼気になることを「気になります」っていう形状の文章にしようとし、気になる対象のことを言葉にしてゆくうちに、なんとなく、再認識が起こり、再整理が為され、整理結果が、文章になる──なってゆく。現状気になる対象はこれである、ということの詳細と繊細が、書いたあとに、改めて浮かび上がってくる。
▼▼最初の意識と事後の意識が異なるのは間違いないので、もともと書こうとしていたものは結局書けなくなった──結局書くことは叶わないのだ──結局書けなかった、と思うことは、可能だ。こういう変質こそが面白い、文章はこういう変質を見せてくれるから面白く素敵なのだ、と言うことも、可能だろう。こういうところが、文章の、便利なところであり、有益なところであり、真骨頂だ、といった言語化も可能だろう。▼▼ぜんぶに対し、確かにそうだなあ、と思えるし、しかしそうでもないかも、とも思える。文章でそういうのが可能なのは素敵だ、って思うし、文章じゃなくても可能な気がするので文章の貢献や勝利や価値みたいに言うのは違うんじゃない?とも思う。
▼▼とはいえ、前述したような「気になる」の流れが、記録として残っているのは、非常に楽しいし、非常に好きだし、非常によい、というのは、思わされていたりもする。
▼▼気になっているものライフログは好きだ。気になっている!を言葉にしようとした結果変質してしまった、というもののライフログも好きである。▼▼日記が好きである、ということを、このあたりに重心を掛けながら、眺めていた、かと思う。