キモチワル、は言わない

▼▼キモチワル、っていうような表明というか評価を、最も避けてる、と気づいた。これは嫌いだ、って言ったりとか、あるいは、見下しや軽蔑を顕わにした言説などよりも、明らかに避けている。口にしては駄目だ、見せては駄目だ、と思っている。
▼▼曖昧な不快感で何かに対して存在自体を否定するようなことをしちゃいけない、というような感覚ないし判断なのかなー。しかし、となると、嫌い、見下しや軽蔑、には、そういった性質がないとでも? 曖昧な不快感で存在を否定している、という事態とは違うとでも? ▼▼うーん、ないぞ、違うぞ、と、やっぱり思っているのかもしれないな。▼▼まあでも「曖昧な不快感で存在じたいを否定してはいけない、と感じている」という仮説がまるで見当違いなのかも。
▼▼キモチワル、って、最も言われたくない(じぶんがされたくないことだから人にもしない)という意識も、まあ混じっていそうではあるのだけど、もしそうだとして、なぜ、それだけはされたくないぞ、とそんなに強く思っているか、だよなー。▼▼対処ができないから(現状のじぶんでは対処法が思いつけていないから)とかかなー。実際にやられたら、やられちゃうから、ビビってる。▼▼実際問題、曖昧な不快感をくつがえそうとするのって、難しそう、取っ掛かりがなさそう、だって曖昧だから、というような「相手取ることの難しさ」「強敵感」「強すぎて人に向けて撃っちゃ駄目」みたいなのは、ありそうかな。
▼▼口にしない、と心掛けている、もしくは、無意識に思っている、という話であり、キモチワル、と思うこと自体はあると言えばあるのだけど、でもまあ、そもそもあんまり思ってない気もするなあ、というのも思ったので、注釈的に書いておく。


[追記]
▼▼キモイ、という言葉にすると少し感覚が変わるところがある(キモチワルイよりキモイのほうが、むしろ口にしやすい印象すらある、のだけど、うーん、これって実は「勝手にカジュアル化」してしまって「使いやすい」とか自分勝手に思っているだけ、というような気もするなあ……)、っていうのと――、▼▼キモチワルイ、という感覚を表明する行為を、えーと、差別、というものと、同列というか、根源? 背景? 同じもの? として感じているみたいだ、というのも、さらに注釈しておこう。
▼▼いや、しちゃいけないのだ! という禁則的な感覚が強すぎて、同じように「しちゃいけない」ものの代表になっている「差別」と、変なふうに、ちょっと無理矢理、繋げようとしちゃってる気もするなー。
▼▼あ。▼▼という判断自体がちょっとねじまがってる感覚もあるなあ。ぼくにとっての「差別」は「曖昧な不快感をわざわざ口にすること」であるが、世の中的には違うこともあるだろうから、ぼくにとってのそれをわざわざ説明する必要なんてありますかね? という不安から、差別かな? いや差別じゃないな? って行き来してみせてる感覚もある。