この気持ちとこの気持ち、掘ってくと同じところ出るかも

▼▼これを避けちゃう気持ちとこれを好んじゃう気持ち、実は同根だったりする? 水源が同じで違う姿で具現化してるようなことなの? って気づきが好きだ。
▼▼同じ言葉だったものが、違う世間的な荒波を経てきて、現代ではこうして、別個の二つの言葉として運用されておりますよ、って説話から受ける刺激、非常に気持ちよいしなあ。▼▼物事を最初すぐこういう型に嵌めてみようとする癖もある気がする。
▼▼同根を整理していくことで「シンプルにしてみたい」のか、根っこからの状況を把握していき「プロセスの有り様を見極めたい」のか。あるいは二つの合わせ技かなー。