敬意に振り回されるようにして、遊んでる

▼▼敬意が楽しさや美しさを底上げしてくれるところがあるな、って思った。上げ底とか言えそうなところもありそうだ、と思ったりもしたけれど、まあよい。期待や買いかぶりは気をつける。いずれにせよ、これまでインターネットにまつわる活動については、まあまあ意識して、敬意、を主軸に据えてきた。わりとよい選択だったのではないか、って現状では思えている。