勝手気ままに書いている

▼▼同じ題材の話を定点観測的に記録していくことによって醸し出せる、独特のまとめ読み的楽しさ、に、時々浮気したくなる、というか、あわあわふらふらよろよろ書いている日常の悲喜交々と同時進行させてもよいのでは、と思うことがある。別に二種類の文書を残してみてもよいような、でも二種類書くのは手間すぎるような。
▼▼定点観測に関しては、何を定点観測するか、に迷っちゃって、駄目、とは思った。残したがるものが多すぎるのだ。選択に困って結局は選択から逃げてる、っていう愚行を犯してもいるし……。▼▼出来事的なことと脳内的な選択肢ですでに滅茶苦茶迷う。
▼▼ていうか「日常の悲喜交々」なんてほぼ書いてなくない? ▼▼勝手気ままな思索の言葉にも悲喜交々あるんすよ……。▼▼あとまあ毎日書いてる言葉は「定点観測」って認識じゃないんだね……。▼▼勝手気ままは定点観測には値しない、って認識かなあ。