語るべき、裂け目

▼▼ある問題を目にして、ふわっと感想めいたものを口にしてみた時、え、こんな言葉が出てくるの? ぜんぜん納得いく説明になってないぞ(口にした瞬間、即座に、違和や矛盾に気づけてしまうレベル……、こんな変なことしか言えない不確かな理解しかないのになぜ安心しちゃってんのよ……)、ってなった時に、ここだなー(思考と言葉によって穿っていくべき裂け目がここにあるぜ)、って思う。
▼▼ある説明をしようとして、いや、このあたりから話し始めてしまうとたぶん伝わりにくいだろうなー、と思いついて、下準備として前段階であるここから話そう、と、前提になっている(はずの)認識から叙述してみた時に、あれ? なんでこの説明が話の下準備になると思ったんだろ――なんでここから説明すれば判ってもらえると思ったんだろ、繋がってなくない? ってなった時、ここだろ(ここを繋がってると判断しちゃってた油断と曖昧さこそが、むしろ今、語るべきところだろ)、って思ったりもする。