完璧上等

▼▼全人類や全知性が、すべての物事について「完璧に」要素を整理できている、なんてことは当然ないのだから、構成要素や関連要素を歪みもズレも隙間も重複もなく端正かつ綺麗に整理できていないと駄目ー、といった気分を出してしまうのは、早計だろ、と、改めて思った(完璧なる整理のもとでなされた判断のみ、引いては人生のみが、最善だ、最上だ、最良である──有価値で有意味だ、とかいう気分を持ってしまいがちならば、早まりすぎだろ、と思った)(思っていそうな、癖が、気配が、言語化が、時々出ている)。