感情

▼▼どの感情もわりと好きだなあと思い直した。胸の奥で感情が動いているのをしげしげ眺めているのが好きとも言える。
▼▼感情について類型化を使って思索するのも、類型化を拒否するように思索してみせるのも、あるいは、思索するというような頭の使いかたじゃなくて、抱きしめる、みたいな感覚を使ってみてもよいのだけど、いずれにせよ、楽しめる。
▼▼という二つの命題を思いついて、この二つの命題から何が導き出せるか、この二つの命題の組み合わせのよしあしとは、みたいなことを考えていた。