一側面をとりあげて前向きに、一部をとりあげていったんは考える

▼▼問題の一部や一側面だけを切り取って話すことで、前向きな話として、あるいは不吉な話として、話すことができる、というところがあるな、って改めて思った。というのとは別に、問題の一部や一側面だけを切り取って話すことによって、なんとか整理が可能な範囲で話すことができる、思考が追いつく範囲で話すことができる、というところもあるかと思った。
▼▼後者の意識(思考の追いつく分量を意識して問題をトリミングしよう)は強くて、前者の意識(問題を一切れだけ取り上げれば、明るく締められたりする)は薄めだった。だけど、後者を意識して文章を書いていることによって、前者の効果も、おそらく、享受できてしまっているよなあ、と思った。意識せぬまま発揮している気がする。