認識の噛み合わなさを見つけたら、不満なので放置

▼▼ごくごく自然に思い浮かんだ二つの認識を、同時に肯定してみせようとすると、違和や齟齬や矛盾が見つかったりする。あれこれ噛み合わないぞー、おかしいなー、なんてふうになったりする。という時に、なんかこれ汚れてるからいらないや、不出来なのでさようなら、みたいな感覚で、そこから目を逸らしてしまうことがある。つまんね、とほかに目を向け始めることがけっこうある。▼▼という頭の動きを今日は観察した。