確度を見失うタイプ

▼▼断言とか「と思う」とか「と思われる」とか「だろう」とか「みたいだ」とか「らしい」とか「ではないか」とか、の使い分けによって、言葉が見せる確信具合を変動させることができる――断定や確定を示すメーターを上下させられる。というような言葉の挙動に関して、どういう言葉を置けばどれくらいの確信具合(曖昧具合)の表明になるんだっけ、っていうことに対する肌感覚が、突然、麻痺し始める時が時々ある、っていうか、言語的スランプの一種として、そういう混乱がたまにある。