改行の量と、文意の流れの微調整

▼▼最適な改行の量って不明瞭、とはずっと思ってて、伝統的な置きかたの規則は、まあ知ってるけど、でも、最適かどうかまでは検証もしてないし確信は持ててない、なんてふうに思っている。▼▼が、慣れている改行量、は明らかにあって、意味のまとまりの掴みかたや文意の流れ、についても、普段手慣れている改行量に合わせて最適化されちゃっているところ(自然体で扱えるようになってる分量)があるなあ、って思った。
▼▼昨日の日記で、普段と違う改行の量、で文章を書いてみたら、普段ならぜんぜん警戒してないところで文意が阻害されることが多々あって──普段の改行比率の場合とは文意の接続を慎重に行なうべき場所が少し違っていて、手間取った。びっくりした。▼▼結果的に、おかしいなあ……? って書き直しまくる羽目になった。十回くらい訂正した。