弱キャラいなくてよい(ゲームなんだから現実と似ていなくても)

▼▼ゲームキャラクターに関して、最後まで育てれば強い、愛があれば強くできる、システムを駆使することで裏技的に強い運用が可能(意図的版と偶然版があるとは思う)、戦略や戦術の中でおのおのの活躍の余地がある、というような扱いが用意されていることは多々あって、単なる弱キャラ、というのは減ってきたんじゃないか、って思っている。昔に比べたら減ってきた気がする。単なる弱キャラなんていなくてよいじゃん、なぜ登場させているんだ、とか思ってしまう習性は、多少あるかと思う。無駄なキャラクターはいないほうがよいはず、選別や育成に関しては失敗なんてないほうがよいはず、というような観点があるのだ。ゲームキャラクターに限らず、死にスキル、失敗選択肢、などに関しても思ってしまいがちである。
▼▼でもまあ、わざわざ用意しているからには、意味があるんだろう、創作者の意志や意図や、目的、作戦、都合、があるんだろう、とは思ってみたりもする。


▼▼創作者の狙いに関する第一案、として、あえて弱いキャラばかりを使用する、という縛りをつけた遊びかたをすることは可能であって、こういった自由を許容し可能にするために、用意している、というのがあるんじゃないかなあ、とは思った。


▼▼創作者の狙いに関する第二案、として、実際に弱い人はいるのだから、リアリティの獲得のために──現実と似せるため、現実に近づかせるため、に、用意しているのだ、というのもあったりするんじゃないかなー、って思ったりもした。「皆が、同じように、強くなりうる、世界」なんて、確かに現実的ではない。といったことに対して、ゲームだからよいじゃん、と、あっさり思える人も、ぜんぜん思えない人も、いるはずであって、このあたりのことについていずれを選ぶか、に関して、不平不満を言ってみても、しょうがないんじゃないかねえ、とは、思える──思える気も、してきた。不平不満を思ってしまうじぶんは、ゲームだからよいじゃん、現実に似てなくたってよいじゃん、と思っているほうなんだろう、とも思った。


▼▼とは思いつつ、いやでも違う可能性もあるんじゃないかなあ……、って思った。キャラクターの能力値の強弱に関して、如何なるキャラクターであろうと強くなりうるように設定してみせる人、というのは何も「ゲームなんだから現実と似てなくても別によい」と思っている人ばかりじゃないだろう……、って思ったのだった。なんというか、現実的な世界だって実は「皆が、同じように、強くなりうる、世界」であるかもしれない、と期待している人の場合があるんじゃないのか? って思ったのだ。
▼▼ある人間が、今後、強くなりうるか、可能性があるか、なんて、結局は未知数だ。こどもからおとなにかけては「強くもなるだろう」って雰囲気が強いし、おとなの範囲内であっても「強くならないとは言い切れない」雰囲気はある。意識や精神が変化したり、なんとなく慣れたり、説明を受けてコツを掴んだりして、上手い下手が変わることは、あるはずである。こういった変動の向こうに期待を寄せている人がいたって、よいじゃん、とは思ったのであった。


▼▼っていう、リアリティ主導の話(現実に似ているかどうかを背景にしていることが当然みたいな空気)は、まあでも、置いておいてもよいのかな……。別に、ゲームとしてバランスが取れているほうが単純によいじゃん、無駄も失敗も少ないほうがよいじゃん、現実がどうとかまったく関係ない(見もしてないよ)、といった意識だって、また、ぜんぜんあってよいはずである。▼▼なんか「ゲーム内世界と現実世界の挙動を「同じ」ようにしたほうがよい派」的な頭の働かせかたをしてしまっているぞ、って思えてきたので、再調整を図ったしだいだ。


▼▼ゲームが楽しくあるために、物語が楽しくあるために、現実世界での事象の構造や確率なんかと比べた場合に「都合がよすぎる」ことが、やはりあるわけだけれど、そもそも、現実に「近づける」「似せる」ことが──「現実」にいったん目を向けることが、ゲームや物語として、正しかったり、当然であったり必須であったり、するわけでは、ない。ぜんぜん似ていないことが、いくらか似ていることが、誤解を招くことが、人生や個人の意識や文化に関して、害為すことはあるだろうけど、でもって、害為さないよう調整を図るのも自由だけれど、「現実と比べてみると都合よいところがある」ことが、ゲームや物語として、悪であったり、駄目であったり、破綻や失敗であったり、するわけではない。ぼくたちはあれらを現実のコピーのために存在している/存在させている、わけではない。


▼▼書いているうちに気づけてきたので、混乱しつつ言葉を繋げてみた。
▼▼物語に対して「都合がよすぎるんじゃないの?」っていう言葉を向けたがっていることが多いこと、あるいは、ゲームシステムに対して「現実の挙動に近づいてゆくことが正当な進化だ」と思っていそうなこと、が、浮き彫りになってきて、おおお、って思った。