言う

▼▼言う、っていう動詞、実際の行動に対して抱く感触と、言葉が想起させてくれる感覚に、かなり乖離があるなあ、って思った、というか、実際に「口から言葉を出している」状況の時に、言う、っていう言葉が似合う行動をしていると思えることって、あんまりないな(時々はある──「言う」をしている時が、時々はあって、口から言葉を出していても「言う」ではない気がすることが、わりとある)、なんてふうに思いついて、思いついてから、前述したような認識のもとで、小説描写における「と言った」とかを眺めると面白いな、って思った。