記憶するための文体

▼▼見慣れていない新鮮な思考を、手慣れていない突飛な文体で、書くと、精神や身体から思いのほか離れすぎてしまって、脳にうまく馴染まないのではないか──記憶に残らないのではないか、っていうような発想によって、新鮮な思考だから、いつもの文体で、書こう、とか思ってしまっているところがありそうだな、って思った。新たな思いつきを脳に刻むために日記を書いている、っていうところは、間違いなくあるし……。
▼▼とはいえ、脳は、新鮮なことのほうが記憶しやすい──慣れているもののほうが意識しなくなりやすい、なんていう話もあるはずであり、例えば、勉強するなら普段行かないところでやったほうがよい、なんて指針を聞いたりもする。▼▼といったことを踏まえて検討すると、新たな思いつきを脳に刻もうとしているのに「いつもの文体」を保持しようとするの、あんまりよくないのかもな、とも思った。思ってみた。迷った。