意味って言葉が栄える環境作り(文章作り)

▼▼意味は、最初の頃、あるとかないとかを語ってみたくなりがちだったし、なんとなく慣れ親しんできたら、主観とか解釈とかの言葉を絡めながら「じぶんが思う」「じぶんで決める」「絶対的な意味なんてものはなく、皆が皆の意味を持っている」あたりのことを丁寧に語ってみせたくなりがち、であったかと思う。
▼▼最近、意味、に対しては、うまく使えたもの勝ち、というか、矛盾なく破綻なく不正なく最も美しく使えたもの勝ち、というか、整理より実践の中で「うまいことやろう」と思っているところがあるな、って気がしたのだった。▼▼意味っていう言葉を解体したり位置づけたりしてゆくより、意味という言葉を置いた時に栄える文章を考えるほうに傾倒しがち、なのだった。