アイデアの分業を想像させづらい

▼▼アイデアの分業(あくまで、アイデアに関する分業、であって、製作の行程として作業を分担する、というのとは別)というのが、あまりうまく想像できていなくて、意見がぶつかり合った結果、萎んでいく姿、というのであれば、見たことはあるかなと思うのだけど、意見同士の押し引きが綺麗に調和してくれて膨らんでいく姿、というのは、あまり見た記憶がなかったりする、のである。▼▼うまく想像できないのは経験不足のせいな気はする。
▼▼結果として、皆で「素敵な発想から出来たもの」を創ろう、と思いにくくなっているところはあるし、個人で創るより複数名でアイデアを出して創ったほうが素敵なものが出来上がるはず、といった言説にも、違和を覚えがちだ。多少近寄りにくくなっている。