本質、本当

▼▼本質っていう言葉や概念を軽々しく使うと火傷する、的な認識はある。本当あたりも同様の認識だ。でも、物事について思考するにあたって、本質や本当というものを念頭に置いて「問う」、というものに関しては、大切だろう、重要だろう、むしろ必須、というのも思っていて(本質や本当というものを想定して、探す、っていう行動指針をなくすわけにはいかないだろう、とか思っているところもあって)、世の中を見つめるというか世の中に投げかけるというか、世の中を受け止めるにあたっての「本質/本当」といった概念と、世の中に語ってみせる時の「本質/本当」といった概念は、別物である、というふうに思っておいたほうがよさそうだなー、と、改めて思った(物事が「判るまで」に持ち出される「本質/本物」と、「判ったあと」に用いられる「本質/本当」は、異なるんだろうな、って思った)(疑問文の中──謎だと思っている脳内で使われる本質/本物、と、肯定文──掌握した感の脳内で使われる本質/本物、は、違う、という切り口もありかなあ)。