程よい距離感の単語

▼▼自然体のまま無意識のまま使える、というところから多少離れたところにある単語、を、沢山使ってくれている文章が、好きだ、と思っているところがあって、逆に、あまりに遠く離れたところにある単語ばっかり使われていると、脳に負荷がかかりすぎてしまいうまく楽しめなくなってしまうので、程よい距離感が大切だ、ありがたい、素敵だ、とか思っていたりもする。▼▼なんてふうに思ったのだけど、流石に自己都合に寄せすぎじゃない? とも思った(いやしかしそもそも好きなんて自己都合の塊なのでは……)(いやいや好きって実は自己都合とは無関係な概念だったりしません……?)