一人が視界を塗り替える

▼▼最近の流行りのようである──ツイッターで話題を沢山見かけるな──盛り上がってまいりました、なんてふうにぼんやり思っていた中で、ふと、なるほど、これ、フォロイーの一人のツボに現在がっつり嵌まっていて、言及しまくっているだけ、リツイートしまくっているだけ──、なのか、気づけることが、時々は、ある(おそらく気づけていないこともかなりあるはずで、若干、ビビる)(隆盛を精確に認識すること、できること、したがること、重要性、については諸説ある)(フォロイーである時点である程度その人の話には興味があるわけで、好き好き大好き的な話を聞かせてもらえることは幸せである)