一味狙いの文章と、別の場所での複合調理

▼▼違和やねじれのある言葉や理路をあえて使うことで多少構造が異質になっても文章の通りをよくしよう──醤油の味わいを身に染みるまで理解せんがために意識的に「味つけに醤油しか使ってない至極単純な味わいの料理」ばっかり作る、みたいなことをしてやろう、というような意識が、おそらく、ここの日記に対しては以前からあって、しかも「一味狙い」のような指向に慣れちゃってて──継続によって定着し固着し常態化しちゃってて、素直に、今回は複数の調味料を活かした気軽に楽しめる料理を作ろう、なんてふうに挑んでみたら、異様に躰が強ばってしまった──。
▼▼というような状況に最近遭遇した気がする。
▼▼別の場所で文章を書くことがあって、こことは違う指向を狙ってみよう、と試行錯誤してみたら、なんか、こう、喰らったのだった。今後は少し意識して強ばりを取っていこうぜ、というような自戒を、今は思えている。柔軟運動しなきゃって意識ばかり追うことなく柔軟運動できるような楽しい場だ、と認識できるところでもあるし。a-expanding.tumblr.com