閃きは遠くにありて思うもの(勘違い)

▼▼身近な実感から派生するようにして、飛躍するようにして、閃いた、新鮮な切り口、には、もう、身近さ、なんて雰囲気は、微塵もなくて、微塵もないとまで言うと誇張かもしれないけどあまりなくて、どちらかと言えば、遠くにあるように思える。簡単には手に入らないがゆえの縁遠さのようなものだろう。▼▼というような流れで、閃きは遠くにありて思うもの、とか思っちゃってて、だからそのせいで、次に「閃こうとした」時、遠くを見ようとしちゃう癖がある。習慣が出来ている。でも、経験則を丁寧に見てくと、やはり、閃きの発端は身近なところにあったりするのだよなー。
▼▼あ!と閃いた瞬間、驚いた瞬間、遠くに目が向いちゃう、ような気がしちゃう、遠くが見えたような気がしちゃう、のが勘違いの元凶というか温床というか、厄介、というようなことを考えていた。