閃く前の目線をシミュレート

▼▼文章を記述してゆく過程で、視座や眼差しに閃きが訪れてくれて、当初抱いていた世界像が、文章の結びの段階ではだいぶ変質してる、時がある。
▼▼っていう流れを踏んだ文章を校正する時に、当初の「勘違いしていた段階の目線」で言葉を置き直さなければならない瞬間が時々あって、これがなんか好きだ。脳内や認識を調整して別の視座をシミュレートするのが好き、っていう趣味の亜流だろう。こうして文章を書き続けられる理由の一つだとも思う。