はっと気づいて思想化

▼▼いつからか、ある時、はっと気づいて、認識できるようになり、それ以降、じぶんの中に深く刻まれ続けている──普段から多々意識するようになってしまった、人生訓、というようなものがあるな、って思える。


▼▼というような「普段から重心を置いてしまっているじぶんなりの訓戒」について、改めて考え始めてみたところ、考え始めた瞬間は、「深く長く苦悩して、さんざん迷った末に「なんとか答えを得ることのできたもの」こそが、そういうものになってるんじゃないかなー」というふうに思えたりもしたのだけど、でも、その後、いろいろと思索を続けていたら、あんまり深さ長さは関係ないような……、という雰囲気が出てきて、つまりまあなんというか、あまり深く長く考えてきたものでなかったとしても、というかむしろ、ぜんぜん、あんまり、それまでは気にしていなかったくらいの、迷ったり困ったりするほど問題視もできておらず至極自然体で見ちゃっていたものであったほうが、そして、ある瞬間に、はっと驚く閃きがあって、気づけて、その時の切れ味が凄かった訓戒のほうが、結局は、頭の中に残っているんじゃないかなあ、数が多かったりするんじゃないかなあ、なんて思えてきたりしたのだった。▼▼自然体であったものがくつがえされた時のほうが衝撃がおおきい、のか、結局切れ味によるよね、なのか、は、検討中だけど。