結論めいた情報を与えられる、って光景が、言語的なもののまわりでしか発生しないような(昨日の続き)

▼▼言葉だけが、判断における総括的な結論部──論理的結論を、描写できる。試行錯誤や取捨選択を追えた加工後の結論を、相手に通達できる。▼▼判断材料を揃える時に、こういった「結論性」を持つ情報が混じっていると、扱いに困るというか、特別扱いも可能になる、のかな、と昨日の日記を読み返してて思った。▼▼トーナメントのシード権のような扱いが可能になりそうに見える。特殊な位置からスタート。時には八百長、むしろ優勝者は最初から決まってるというような、位置づけの変則、あるいは位置づけミス。