風化する言葉

▼▼時事ネタは風化する。だから、物語にはあまり混ぜたりしないほうがよい(まあでも使いかた次第だけどねー)、というような助言が、時々ある。創作に対する助言として見かけることがある。
▼▼日記というものも「創作物」として見ているところがあるため、創作活動に関しての助言が、日記活動に対しても発動してしまうことがけっこうあって、この、時事ネタってのは風化しちゃうからやめたほうがよいよー、使うならうまくやりなよー、というような助言が、日記の背後にまで迫ってきてしまうことがある、というか、何となく無意識に避けてしまっていることがある。
▼▼で、時事ネタを避ける日記ってなんなん……、と思いついて、少し思い改めた。
▼▼時事ネタが許される場所、むしろ推奨されさえする空間、風化こそが本質や主題、というような雰囲気に乗せながら、日記、という言語空間を見つめる目を持っていても、まあいいんじゃないんすかねー、と改定した。
▼▼風化が前提の言葉には憧れのようなものがある、というような話だ。消滅することが定められた言葉と一緒に遊んだ記憶が何度かあって、印象に残っているのだった。