普通と新鮮

▼▼普通のことも時には書きましょう、なんて昨日の日記で自戒的に書いたけど、じぶんにとって新鮮じゃないことも避けずに書きましょう、くらいに換言したほうがよいかなと思った。▼▼慣れ親しんでいる──馴染んでしまってる、ように思える話題を、ひどく色褪せたもの──くすんだ陳腐なもの、として、すぐに見てしまうし、ツマラナイぞ!と認識してしまいがち、ということに対して、ツッコミをぶつけたかったのだと思う。
▼▼聞き飽きたー、を根拠に、ツマラナイとか思って排除しないで、という雰囲気だ。
▼▼単純に、判断が異様に粗くて──非常に雑で、ホントにツマラナイ、ごくごく普通の話だなー、なんて感じてしまってる場合、とは、話が別かなと思った。別の普通さの話になりそうかなと思った。▼▼っていう二つの普通さを混ぜてしまいそうだったので──むしろすでにだいぶ混線してたので、改めて書いてみた。整理狙いだ。危ういなあ。
▼▼粗くて雑な判断、に対して、普通、という言葉を即座に向けてしまっている。向けてしまう、のは、説明不足や飛躍の匂いが非常に強くするし、要するに隙間に挟む言葉が繋げられなかったってことなのだけど、現段階のじぶんの脳内では明白に「繋がるだろ」と思っているので──認識や感覚のうえではすでに明らかに繋げちゃってるので、このミッシングリンクを埋める言葉を探す旅には改めて出てみてもよさそうだな、なんてふうには考えてみている。▼▼まあ「粗くて雑な判断」が「普通」と言えるほどにまかり通ってる場面が多く、だから「普通」って言葉をくっつけてしまう、ような環境の話かなー。