じぶんのとっての普通の話、もする

▼▼普通すぎて書いててツマラナイよー、とか思ってしまうくらい、脳内で自然で自明の話、が、時には誰かの役に立ったり、時に誰かの気づき、驚き、おもしろさや感激、に繋がったりする。することがある──ありうる。って状況認識が、あんまりうまく腑に落とせてないなー、って改めて思った。以前から苦手だ。具体例記憶が少ないせいかなあ。頻繁に聞く陳腐な話だから書かなくてよいよね、誰にだって普通のことだろうし読んでもツマラナイでしょ、とか思ってしまう回路を他意なく使っちゃうのだった。
▼▼けどまあ、実際、最初に聞いた時は非常に驚いたけどのちのち自明で普通で平凡な認識の中に落ち着いちゃった話題、なんていくらでも思い出せるのだし、だからつまり最初に聞く時の衝撃ってものはぜんぜん舐められないだろ、って思うし、でもって、ある話を新たに耳にするタイミングというのは人によって違って当然なんだから──誰もが同じ時期や同じ時刻に同じ話を知って、衝撃を受けて、学ぶ、新たな視点を手に入れる、なんて事例はほとんどないのだから、誰がいつどこで話してるか、ってことの違いだけでも、驚ける話になったり、ならなかったり、するはずだ。するはずだろう。
▼▼って踏まえてみせることで、じぶんにとっては自明の話、をし始めることに、違和や抵抗を覚えなくなるんじゃないか、って期待してみた。▼▼まあすでに複数回はじぶんに言い聞かせてるのに、すぐ忘れるから、何回も言う羽目にはなってるけども……。