確かに「普通」に対する敵愾心はないではない

▼▼「普通」に対する敵愾心、と、敵愾心から来る思索と思考、の話を聞ききながら、確かに同様のものがあるかとは思うけど、如何ほどのものだろう、くらいのことを思いながら、「常識」「当然」「一般」「基本」「平均」等々の言葉との比較が見せる類似や相違のことも考えていた──そんなの普通だろ、常識だろ、当然だろ、一般だろ、基本だろ、平均だろ、といった「ツッコミによる否定」を受けた時のことをシミュレートし、精神の状態を観察してみていた。