分刻みで締め切り(破綻しなければ)

▼▼細かい行動計画を立てて動くの、改めて試してみようかなー、分刻みのスケジュール試してみるのもありかなー、とか不意に思い始めていた。怠惰が目に余るせいだろう。細かいスケジュールの立案および遂行はわりと好きだ。立案してうまく遂行すると普段より満足感が増えるようだ、と経験的に理解できているおかげだろう。面倒さは多少覚えるものの制約感や窮屈さを覚えたことはない、なんて断言できるかと思って言葉を置いてみたけれど、書きながら、書けないかも……、と思えてきたので中断する。実際のところ、制約感も窮屈さも、行動計画が破綻し始める局面になると感じ始めてしまってて──不満を覚えてしまっていたな、って思い出せたからだ。好事例ばかり思い出して──うまいこと回せていた場合ばっかり思い出して、いつだって気持ちよく動けてるようだね、なんて言う羽目になっていた。あーあ。▼▼まあでも、実際問題、スケジュールを立てて破綻なく遂行することができたなら、うまくできたーという成功体験的な気持ちよさ、と、思った通りにじぶんを動かすことができたぜーというセルフコントロールの快感、が相乗的に混じり合って、一日に対する気持ちよさが明らかに倍増する、とは信じている。ここで増量が狙える性格のようだな、と理解している、つもりになっているのだった。なので、破綻する局面のことは多少対策しつつ、いずれにせよ試してみるのはありかなあ。
▼▼分刻みのスケジュールというか分刻みで締め切り設定しろってことかなと思った。分刻みに予定を立てようとする中で結局は締め切りばっかり設定することになってそうだなあと思えた。しかし、分刻みで締め切りに追われるのと、分刻みの予定を遂行していくのは、やっぱり違う気もするのだよな……。混乱し始めそうなのであらかじめツッコミを向けておこう。向けておくけど締め切りに流れそう……(すでに混乱気味)