言葉を発するときの、知性面の不安と、構造的な不安

▼▼昨日の続き、というか再整理(再々整理)。
▼▼断言を避ける理由として出てくる不安さ、と一口に言ってみても、実際には不安にもいろいろあって、というか現状二つあるなと思っていて、一つは、自分の知性に対する不安(および、そのへんに対する見栄的な不安)で、もう一つは、言葉ですべてのことを言いあらわすのは非常に困難という言語構造的な不安、だと思ったのだった。そして、ここは混同しないほうがよいんじゃないか、という気がしているのだった。