読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情を負と思わせる

▼▼怒りや悲しみが時折「負の感情」なんて言われたりすることには、なんとなく納得いかないぞ、って気もしつつ、とはいえ感覚的に判るところがあるような、という気もしつつ、感覚、感情、気持ちの動きに対して「負」だ──「マイナス」だ、と思わせるものはなんなのだろう、と思ったりした。マイナス感覚の共通要素、負の気持ちに通底しているもの、っていうのがあるのかなあ、と、改めて考えたりしたのだった。ここにフォーカスしながら思考するのってけっこう昔からやっている。好きな議案なのだろう。怒りと悲しみを「同じもの」として見做せそうな雰囲気がありそうなところ、とか、妙に楽しそうなのだ(見做せるかどうか実際は不明)。恐怖とかも「負」のものっぽいので、このあたりの感覚も話に混ぜられるだろうか。