フール

▼▼普段の文体を維持しつつ、ぜんぶの文章が嘘であるような文章を書こう、という発想が昨日少しあったのだけど、実際に記述する段にはすっかり忘れていた。XはZであるという論理がおしなべて事実と異なるものを書いてみたかった。書いたことはない。▼▼この文章がそれなのでは? という切り口も思いついた。