切り口の鋭い遠足の感想文、がよいかな

▼▼遠足の感想を書く時に、出来事を時系列に沿って書いていくってのは諫められて、強烈な印象を最前列に持ってきてから描くのを推奨された記憶があるけど、人の日記を読ませてもらう時は、こういう出来事と時系列の中に思索と情緒と風景を丁寧に織り交ぜたのが好きかな、って思った。思索と情緒と風景を出来事の流れの波の上に乗っけている文章が好きだ。▼▼けどこういう日記って、記憶を言語変換し始めるといきなり膨れあがる印象もあって、書くの大変……、と経験的に思ってもいるので、強くおすすめできるものではないし、わりと途絶しちゃう人が多い気がするのも、判る気はしている。