読書で説得される

▼▼世の中に対する目の向けかた、のようなものについて、例えば森博嗣(が非常に好きなので)の説明に説得されたところ、というのが、かなりあるよな、とふと思った。
▼▼世界はこうなってるかと思われるのでこうするのがよいのでは? なんていう提案を受けて、確かにそうですね……、って納得できて方針を変えたところが、沢山ある。
▼▼読書の効能、というか、読書──本、が世界とのネゴシエータのような立場を担ってくれるようなことがあるのだな、と思ったのだった。▼▼エッセイ想定だったけど小説が見せてくれる世界説明なんかからも同じような感銘を受けてたりするだろうと思った。