出来事主体の日記って、あとで読み返しても、なんでこんな拙いものってあまり思わずに済みそう

▼▼以前の日記を読み返したら少し微妙だった。甘さや拙さを感じた。当時は気づいてなかったけど今になって読み返したから気づけた甘さや拙さだろう、と、どうしても思ってしまう。でもって、同じ構造で、今の日記も駄目駄目なのに客観できてないだけかも、という恐怖も思ったりした。出来事主体の日記にシフトすることで防げる恐怖なのでは?と対策的に考えたりもした。が、思索の切り口や気づきを記録する欲のほうが強いので、思考面の記録が減ってしまったら本末転倒になるだろう。まあいいや、で終わった。
▼▼改めて同じ日記を読んだら──丁寧に読み取ったら、意外と好きな日記だった。雑に読んでしまった。▼▼初期の日記より最近の日記のほうが好きだ。というのは明らかに思う。次第に好きな日記が書けるようになっているか、好みが変わりつつあって好みに合わせた日記を書けるようになってきているんだろう。いずれにせよ、動き、変質があるのは明らかかと思う。って状況に関しては、よしよししめしめと思っててよさそうかな。