蛇足じゃなかった快楽

▼▼さんざっぱら書き散らかしてみたあとに、あ、これ、一言で言えるじゃん……、と気づいて──ぎゅうぎゅうに圧縮できそうだと、贅肉を削ぎ落とすことができそうだと、気づいて、そんなわけでとどのつまりこうである、というような短文に書き直し、はーい終わり、って終わらせてしまいそうになることが時々あるのだけど、そういう時に、ふと、最初に書いた「書き散らかした無駄に長い文章」に目が向いて、読み直してみたら、あれ、やっぱり一言じゃ言えてないじゃん……、最初に書いたこれでよい気がするわ……、書き散らかした、なんて言ってしまったけれど、その、言葉をがしがしと置いていっていたあいだの、右往左往というか紆余曲折というか「周辺を見回しながらゆっくりと進んでっている時の言葉」こそが、むしろここじゃ本題だわ……、本質だわ……、あるいはオモシロポイントだわ……、一言でまとめちゃうとなんか違っちゃうんだなー、なんてふうに思えてくることがあって、そういう時特有の気持ちよさがあるな、と今回思った。
▼▼贅肉、無駄、余分、過剰、邪魔、抵抗、蛇足、だと思えてしまったものが、そうじゃなかった時の、気持ちよさ。▼▼単純に、じぶんの通ってきた道のりは無駄じゃなかったんだ、的な、意味の転換の気持ちよさ、とも言えそうかな。ほっとしてるだけかも。