世の中を分類しようとしてにモレなくダブリなくを達成できる時あるの?

▼▼整理する対象らにおける言葉の抽象度が運良く合ってる時だけモレなくダブリなくの認識が持てる、のだなー、って思った。▼▼同じ棚──同じレイヤーに並べるための「同じ深さの呼び名」がないもの同士を整理整頓すると、ズレができる。隙間ができる。だから、ここに挟める言葉はもうないなあ、と満足できる日は来ないだろう。
▼▼問題を整理すべく種類分けしようとして、完璧なる区分けを見せようとすらしてる時があるようだけど(昨日の日記)まあ困難なのでは?と思った。▼▼単語と単語を並べて整理してたら確かにそう言えそうだ。が、文章での分析だったらまた話は変わるのでは?