知性への駄目出しを聞いていると

▼▼人類が「よりよい世界」に向かって歩み続けている者であるかどうか、迷うところもあるのだけど(限界も停滞も退行もありそう……、という不安は多少湧く)、知性、に関して言えば、知性は「よりよい世界」に向かって歩み続けている者である、って言えるんじゃないかなー、って思えるところがあった(皆様の「知性、しゃんとしろ!」っていう話を総合してゆくと、幸せに向かう者以外何者でもなさそう……、って雰囲気があったため、こいつに期待をかけるとよいのかな、と、改めて思えたのだった)