文章リズム変える(変えない場合の理路)

▼▼肯定文で書くか、否定文で書くか、疑問文で書くか、対話形式で書くか物語形式で書くか、好きみたいに書くか嫌いみたいに書くか、事例を混ぜるか混ぜないか、ジョークを混ぜるか混ぜないか、等々、同じ物事に関しての知見を言葉にするにしても、やりかたはほんとうに様々だ。異質な書きかたをしている人を見て、素敵、と思わされていることも多々ある。
▼▼こうしてここで日記を書くことにもかなり慣れてきてしまって、最近は、思いついたことについて書くにしても、非常に手慣れたやりかたで書いてしまっているなあ、と、改めて気づいた。同じリズム、同じセンス、同じ口調、を、ほんとうに駆使しまくるようになってしまった、って思った。効率も効果もよさげ、とも思ってしまっている。
▼▼いわゆる「あえて変えて遊んでみよう」としてみるための前哨戦として、とりあえず書いた。再認識したことを脳に刻むために書いた。ほんとうに「あえて変えて遊んでみよう」が実施されるかは、とはいえ不明だ。
▼▼文章の書いている時の空気、現状の空気が好きというか、現状の位置が居心地のよいところなのは間違いなくて、腰を落ち着けた、っていう雰囲気もあるかとは思うので、あえて変える、に意識を向けられるかは、かなり不明、なのだ。▼▼なんて言いつつ、面倒くさいと気楽とサボリもほどほどに混じっているのは間違いなくて、素直に安心できないところも確実にあるのだけれど……。
▼▼歩いている時に、はっと気づいたことがあって、これはあとで言葉で書きたい、って思ったあと、準備的に頭の中で文章を作っていたら、え、またこの雰囲気で書くの? この形状や形式しか使えないんだっけ? 確かに気持ちよいけど好きすぎるだろ、つーか耽溺しすぎでは? と、突然ツッコみたくなったというか、あっけにとられたというか、妙にびっくりしてしまった、ので、うーん、別のやりかたも模索したほうがよいんじゃないかなー、って、今回は思ったのであった。思ってみた。
▼▼というここまでの流れも、過去の踏襲がスゴイ……。
▼▼文章で別人になりすます、っていうことが、ぼくには可能なんだろうか、という疑問が少し出てきてしまうレベルだ。
▼▼同じような流れでばかり書いているのに、とはいえ内容としては、時々、ほんとうに突飛なことが、出てきたりもする、結果的に最終的にぜんぜん予想していたものとはかけ離れた話になっていたりもする、なんてことも、まあ、あって、なんというか、違うやりかたどうこうより、こちらのほうが、文章としては「肝心」なんじゃない? という考えかたも、あるかなー、っていうのも思った。
▼▼同じ武器や部品ばっかり使ってしまっているな、ということがなんとなく気になり始めて、今回、問題視してみたわけだけど、同じ武器や部品を使っていてもなぜか突然、異なったものが出来てしまったり、変なものに出くわしてしまったり、することがある、といった言葉や論理や思考における驚異や未知や変異のことのほうが、大切なのでは? なんて思ってみてもいいのでは? とも思ってみたのだった。