侮蔑イメージ侮蔑

▼▼如何なる比喩やイメージを通して「対象の現象を見つめているか」によって(これはつまりあれみたいなものだよね、と理解してみせる時に持ち出してくる「題材」によって)、無礼さや失礼さが変わる──礼儀の具合が変質する、のって、変じゃない?面倒じゃない?微妙じゃない? って思いついたのだけど、侮蔑しているものに「似てる」と言ってみせることによって「侮蔑」する、という行為や意志、別にありうるか、と思い直した(逆に言うなら、素晴らしいもの価値あるもの素敵なもの「と同じようなものか」と思ってみせることによる「称揚」というのもありうるのだった……)。