膨張を抑えて、乖離を抑える

▼▼複数の種子を同時進行させる文章って暴れ馬すぎ、と昨日の日記で改めて思った。
▼▼以前も喰らって忘れてた気がする。実は避けていたところがあった気もした。
▼▼しかも、二つ三つの話の種子だけで、意外なほど、ぼこぼこ膨らんでくる。更に増やしたらどうなるんだろう、とは思う。ビビる。
▼▼頂点が一つ増えるだけで対角線が沢山増える、みたいな情景で想像している。
▼▼膨らんじゃうのは、余計な言葉がくっついてくるのを却下できてないせい、だろう。
▼▼新たな思いつきがくれる気持ちよさ、に耽溺してる、っていうのはあると思う。
▼▼無闇矢鱈に出てくる思いつきを、制御しきれてない、抑制しきれてない。あまりに速く大量に来られると、取捨選択が追いつかない、という雰囲気かなあ。そこに気持ちよさが混じってきたら大変だ。
▼▼膨張していく言葉、と、最適な言葉の量と内容、の、せめぎ合い。抗い。争い。
▼▼昨日の日記では、言葉と実感が乖離していくことを留めるため、に、争い、抗う、という発想も出ていた。
▼▼この「言葉と実感の乖離」との戦い、と、前述した「言葉が膨れ上がっていくのを抑え、調整する」ための戦い、って、同時にやるの厳しそうだぞ……、って思った。
▼▼現状だと、片方に注力したら片方がおろそかになってそう、である。なので、弱点として認識しておくのもよいと思った。課題と言える気がする。
▼▼膨らんでくる言葉から、言葉と実感の乖離率が低いものを、取捨選択していく。
▼▼言葉と実感の乖離率の低さ、だけじゃあ当然なくて、話の面白さ、論理の通りかたの綺麗さ、正確さ、、衝撃の強さ等々、ほかの選択基準も混じってくるしねえ……。meltylove.hatenadiary.com