ペンギンパーティ、爆発子猫、パレード、アンロック-調合法、ナショナル・エコノミーメセナ、で遊んだ(白色ボードゲーム会)

▼▼四人に誘いをかけて、計五人で白色ボードゲーム会を実施した。▼▼『ペンギンパーティ』→『爆発子猫』→『パレード』→『アンロック-調合法』→『ナショナル・エコノミー メセナ』という順番で遊んだ。▼▼数日前に携帯電話のカメラが壊れてしまったので、写真撮影がしづらかったのが残念だった。コンパクトデジカメで撮影できたところもあるけれど、ぜんぶは撮れなかった。




▼▼全員が集まるまでの隙間時間で『ペンギンパーティ』を遊んだ。あいかわらず軽い遊び心地と軽い手応えとまあまあな迷いどころが素敵なカードゲームだ。基本的にものすごく高く評価している。いくらか飽きてきた気もするけど遊びすぎなだけだろう。人数をあんまり問わないところも評価が高い。
f:id:meltylove:20171019085338j:plain

ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム

ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム



▼▼以前旅行した時に買った『爆発子猫』をようやく遊ぶ。初プレイだ。日本語ルールがなかったせいで塩漬けされていたのだ。坊主めくり的な切り口で山札をめくって、手番プレイヤーが爆発カードを引いたら、負け、というシンプルなゲームである。爆発を一回だけ阻止して「爆発カードを山札の好きなところに戻せる」カード、というのが最初に一枚貰えるので、このカードを駆使しつながら、人に爆発を押しつけてゆく雰囲気になる。ウノなんかに似ている遊び心地だ。最初は頭に疑問符が出てたけれど、最後はワイワイ遊べていた。最初に盛り上がるには丁度よい。
f:id:meltylove:20171019085404j:plain



▼▼次に『パレード』を初プレイ。もともとは同人ゲームだったようだ。以前、ルールを聞いた時に、うわこれ絶対オモシロイじゃん!ってなって、買った。共有の場に真っ直ぐ並べたカード(kろえがパレードを模している)の、一番後ろに、手番プレイヤーは手札のカードを一枚、配置する(パレードの後ろに並ぶことになる)。新しくパレードに並んできたキャラクターの影響で、うしろのほうにいる(新たに置かれたカードに近いところの)キャラクターたちは、パレードに飽きずに済むのだけれど、置かれたカードの数字よりも前のほうにいるキャラクター(うしろから、カードの数字ぶんカード数を数えて、それよりも前に位置するキャラクターたち)は、飽きてしまうので、キャラクターより数値の低いカードと、キャラクターと同色のカードは、失点として、手番プレイヤーの前に並べられることになる。おのおのの前に並んだカード、に書かれた数字の合計、が、失点になる。ただし、色ごとに、同色のカードを「最も持っているプレイヤーのみ、カードの数字ではなくカードの枚数ぶんが失点となる、というルールがあって、この「どうせ集めてしまうのならば、同色の失点カードを一番多く集めたほうがよい」というメカニクスが効いているし、パレードの列のルールも素敵だ。よいゲーム。
f:id:meltylove:20171019085423j:plain

パレード 完全日本語版

パレード 完全日本語版



▼▼『アンロック』は謎解き風味のゲーム。シナリオ1調合法をおすすめして遊んでもらった。じぶんはすでに遊んでいるので見学だ。見学して遊んでもらってもよい、と思えるくらい素敵なゲームである。思ったより嵌まったところがあって、若干、白けてしまった場面があった。のが大変無念だ。口出しももっと避けたほうがよいだろう。自戒はより気をつけようと反省している。

アンロック! 日本語版

アンロック! 日本語版



▼▼最後に『ナショナル・エコノミー メセナ』を初プレイ。前作の『ナショナル・エコノミー』は何回か遊んでいる。メセナは独立拡張(拡張要素ではあるけど、単品でも遊ぶことができる)となる。前作(基本版)よりも気持ちのよい効果が多かったかなー。最終得点も前作より高くなりがちだと聞く。稼げるのだ。苦しみが少ない。というような違いがあるようで、まあ確かに、評判通り、最初はこちらで遊ぶのをおすすめ、という判断も判る雰囲気だった。ぐぬぬと苦悩するなら前作だろう。いまのところどちらも好き。人におすすめするならこちらからかな。大変面白かった。
f:id:meltylove:20171018134316j:plain

ナショナルエコノミー・メセナ

ナショナルエコノミー・メセナ