読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきぶりポーカー、レジスタンス・アヴァロン、スコットランドヤード東京、似顔絵探偵、テレストレーション、ロイヤルターフで遊んだ(白色ボードゲーム会)

白色ボードゲーム会

▼▼勝手に命名しているところの白色ボードゲーム会であった。白色会の開催はなかなかひさしぶりだった。飲酒しつつボードゲームで遊んだ。まあまあ沢山遊んだと思う。ゴールデンウィーク前という時節であるがゆえに遊べた雰囲気はあった。次回も開催希望ではあるのだけど、うまく事が運ぶかなあ。事を運べるとよいな。まあまあ初心者向けを意識して遊ぶ流れになった。騙し合い好き嫌いの線引きを少し気にした。
▼▼今回はじぶん含めて六名が集まった。遊んだ順番は『ごきぶりポーカー』→『レジスタンス・アヴァロン』『スコットランドヤード東京』→『似顔絵探偵』→『テレストレーション』→『ロイヤルターフ』であった。途中で休憩を挟みつつ遊んだ。
■□■□■□






■□■□■□

ごきぶりポーカー

Drei Magier ごきぶりポーカー

Drei Magier ごきぶりポーカー

▼▼誰かに差し出して言う「これはゴキブリです」に、嘘か本当かを判定する。ボードゲーム初心者に「嘘をつく」という非日常性を味わわせるのに適切、という評判は聞く。実際、最初に遊んだ時に、こんな気持ちよさがあるのか! と驚いた記憶がある。手軽でよいのだけど、妙に長引くこともあって、そのへんの調整は意識している。






レジスタンス・アヴァロン

レジスタンス:アヴァロン日本語版

レジスタンス:アヴァロン日本語版

▼▼脱落者の出ない人狼と呼ばれがち。人狼基準で薦めるのがあんまり好みじゃなくなる程度には、沢山遊んで沢山楽しんで、好きになってきている。参加者のうち数名が選ばれて「クエスト」に挑戦し、誰か裏切り者が混じっていれば、失敗カードを出される可能性が出てくる。といった駆け引きと、気持ち悪さ(からの気持ちよさ)。






スコットランドヤード東京

ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357

ラベンスバーガー スコットランドヤード東京 266357

▼▼出番多すぎ、という気分はあるけど、犯人役が違うとやっぱり違う楽しさになるところはあるのだよな。けっこうがちがちに推理してしまうので、犯人役に冷や汗をかかせているところはありそう。人によっては気をつけねば、とは思った。東京を舞台にしたボード上で姿の見えない犯人役を、ほかプレイヤーが追跡する。






似顔絵探偵

似顔絵探偵ガール

似顔絵探偵ガール

▼▼一人が探偵役になって目を瞑る。ほかのプレイヤーが犯人の顔を5秒だけ見て、そのあとに配られた特徴カードの場所だけを、探偵役に説明する。目の担当なら「線で書かれた吊り目で、眉毛は太かった」というような形だ。鼻ばかり回ってきて、なんか鼻ってあんまり見てないんだな……、と反省した。それでもけっこう当たって、盛り上がった。






テレストレーション

テレストレーション日本語版

テレストレーション日本語版

▼▼イラスト系が盛り上がったので移行。絵と言葉による連想ゲーム。各自スケッチブックを隣に回しつつ、絵を描くのと、絵から読み取った文字を書くパートを、交互に行なう。最後までちゃんと伝わったらその絵は勝ち(あんまり勝ち負け気にしない感じにはなるけど)。基本的に爆笑できるのは素敵だけど、お絵かき苦手な方もいるからなあ。






ロイヤルターフ

ロイヤルターフ

ロイヤルターフ

▼▼最近買ったのもあり、誰でもできそうながら、戦略性もわりとあるので(どの馬に賭けるかとどの馬を動かすかの戦いかたの二重性も楽しくて)、持ち出してしまった。疲れや酔いもあって適度な面白さだった気もするけど、面白かった。ほんとうにレース感が出る(馬を応援してしまう)ところが素敵だ。今後も使い出ありそう。