美化VS渦中にいると気づけない

▼▼思い出は美化される、という言葉があるけれど、まあ確かにそういうことってあるよなー、細部の嫌なところが記憶から削ぎ落とされたりするよなー、っていうのは思うことがあって──
▼▼いろいろなものが噛み合っていて幸せだった瞬間、が、ある気がするぞ、っていう記憶について考えた時に、結局そういう「美化」によって錯覚的に「あの時幸せだった」という気がしてるだけなのか、幸せの渦中にいる時には気づけない、振り返った時だけ気づける幸せ、というものがやはりある、のか、判らないなー、とか思う。